お金の生み出し方 副業初心者が個人ビジネスでお金を稼ぐコツとは?

お金の生み出し方

副業解禁を機に、個人ビジネスに挑戦する人たちが増えてきました。

従業員という働き方と個人ビジネスが決定的に違うのは、自分で「お金を生み出す仕組み」を作り上げるという点です。

会社というのは、他人が作った「お金を生み出す仕組み」であり、従業員としてその「他人の仕組み」の中で働いた経験しかないと、一体どうすれば「お金を生み出す仕組み作り」がうまくいくのか?最初のうちはかなり難しく感じるのではないかなと思います。

今回は、個人ビジネスに初トライする人に向けて、「お金の生み出し方」についてお話ししていこうと思います。

すごくシンプルですが、ビジネスの本質とも言える内容なので、ぜひじっくり読んでくださいね!

bookee(ブーキー)

人の「めんどくさい」に注目すると、お金の生み出し方が見えてくる

お金の生み出し方を理解するには、そもそも、一体何がお金に変わるのか?そこを知ることが重要です。

そのためにぜひ、これから日々意識して注目していって欲しいポイントがあります!

それは、人間なら誰しも持っている「めんどくさい」という感情です。

朝起きるのが面倒、出かける支度をするのが面倒、会社に行くのが面倒、食材の買い出しが面倒、夕食の支度が面倒、洗濯が面倒、掃除が面倒、歯磨きが面倒、お風呂に入るのが面倒、スキンケアが面倒。

もう朝から晩までめんどくさいことだらけですよね(笑)

最近でいうと、そろそろ確定申告の時期なのですが、恐ろしくめんどくさいです(笑)

まあ私は特別めんどくさがりな方なのですが、個人差はあれど、「めんどくさい」という感情は、人間なら誰しもが持っていて、できることなら面倒なことはやりたくない、避けたいというのが、人類共通の願いだと思います。

ただ、この「めんどくさい」という感情って実は、素晴らしいメリットがあるんですよね。

というのも、私たちの持つ、この「面倒なことは避けたい」という願いがヒントとなって、数多くの発明やビジネスが生み出され、大きな社会発展を遂げてきたという側面があるからです。

Uber Eatsに見る、人の「めんどくさい」からお金を生み出す方法

最近流行りのUber Eatsが、その良い例です。

Uber Eatsは、アプリで手軽に頼める出前サービスです。

そもそも人がなぜ出前を頼むのかといえば、「おいしいものが食べたいけれど、自炊は面倒だし、お店まで足を運ぶのも面倒」という、日常のちょっとした葛藤が前提にあるからです。

この葛藤を解消してくれるのが、出前なんですね。

要は出前って、人の持つ「めんどくさい」を解決してあげることによって成り立っているビジネスなんです。

ただし、出前自体は古くからあるサービスです。

にもかかわらず、Uber Eatsが革命的サービスとなった理由というのは、お客さん側の「めんどくさい」だけでなく、お店側の「めんどくさい」も同時に解消してあげた点なんです。

お店が出前のサービスを提供するには当然、電話対応の手間や、出前を担当するスタッフ、さらには出前に使う自転車やバイクを確保することが必要になります。

消費者側から見れば、便利で手軽な出前ですが、お店側にとっては、そのサービス提供するにあたって「めんどくさい」ことが山盛りな訳です。

Uber Eatsは、そのお店側の「めんどくささ」に着目したんです!

その面倒を解消するべく、まずは注文をアプリで処理できるようにして、電話応対の手間を省き、また、配達員を自社で用意することで、お店側の人件費の問題も解決しました。

これによってお店側は、面倒な手間や人件費という負担なく、出前サービスを提供できるようになった訳です。

消費者側の「めんどくさい」と提供者側の「めんどくさい」。

Uber Eatsは、両者の「めんどくさい」を同時に解消したことで、市場に歓迎され、急成長していったビジネスモデルなんです。

世の中に存在する商品やサービスのほとんどは、こうやって、誰かの「めんどくさい」を解消することで成り立っています。

そして、その解消した「めんどくさい」の量が多ければ多いほど、生み出す幸せ(価値)の総量が多くなるため、結果的に儲かる(お金が生み出される)という構造になっています。

なぜなら資本主義は、価値をお金で交換し、循環させることで成り立っている社会システムだからです。

飲食店は、自分で食材を用意して料理するめんどくささを解消してくれています。

本来なら、自分で食材を買いに行き、自分で調理して食事を用意したっていい訳です。

しかしそれには、たくさんの時間と手間がかかり、かなり面倒です。

また、おいしいものを作るには、それなりの調理技術の訓練やレシピ研究も必要です(これまた時間と手間がかります)。

だからこそ人は、飲食店にお金を払うことで、本来なら自分が背負わなければならなかった「めんどくささ」を省きつつ、おいしい料理を楽しむ訳です。

同じようにクリーニング店は、洗濯の面倒くささを代行するサービスです。

タクシーは、バス停でバスを待ったり、自分で車を運転する面倒くささを解決してくれます。

アプリは、煩雑な操作を繰り返す面倒くささを解消してくれます。

エレベーターやエスカレーターは、階段を上り下りする面倒くささを省いてくれています。

つまり、世の中のにあるほとんどのビジネスは、誰かの「めんどくさい」を省いたり、代行したりするその対価として、お金を得ている訳です。

言い換えるなら、誰かの「めんどくさい」こそが、お金を生み出す源泉(キャッシュポイント)になっているんです!

価値を生み出すポイントを押さえれば、個人ビジネスは難しくない

これを踏まえた上で、副業初心者のあなたにぜひ知って欲しいことがあります。

副業と言うと色々な選択肢がありますが、他人の仕組みの中で働くアルバイト的な副業ではなく、個人ビジネスとして副業を行う場合、ぜひ「教えること」をその選択肢に入れてみてください。

先生業がなぜおすすめかと言うと、何か物を売るようなビジネスとは違って、在庫を抱える必要がないため、在庫リスクゼロで行える事業だからです。

資金力の弱い副業個人ビジネスでは、この点は非常に重要です。

ただ、「教えると言っても、私には特にこれといった資格も実績もないし…」と躊躇してしまう人も多いんですよね。

けれど、ここで再度思い出してほしいのですが、ビジネスが成立するのは、人の「めんどくさい」を解消してあげた時なんです。

お金を生み出す能力とは?

お金を生み出す能力の本質部分って、資格や実績ではないんですよね。

これらはあくまで、お金を生み出す仕組み作りの中での一つのツールにすぎません。

資格や実績がなくとも、相手の「めんどくさい」を深く理解し、それを解消してあげれば、お金を生み出すことって可能なんです。

逆に、どんなに立派な資格や実績を持っていたとしても、ここを理解していないと、個人ビジネスでお金を稼ぐことは、かなり難しくなります(たとえ医師や弁護士であっても、「お金を生み出すこと」が苦手は人はたくさんいます)。

資格や実績より、お客さんの悩みや葛藤を理解することが大切

たとえば先生ビジネスをする場合、モノではなく情報が商品となる訳ですが、インターネットでなんでも手軽に調べられる時代となった今、実は、情報そのものに、もはや価値ってないんです。

検索窓に知りたいことを打ち込めば、たいていの情報は誰でも無料で手に入ってしまうため、「情報そのもの」「知識そのもの」に金銭的価値があるかといえば、実はそうではないんですよね。

そんな今だからこそ、実は先生ビジネスの需要って、ものすごく高いんです!

検索すれば情報が無限に、しかもタダで手に入る今の時代、情報があふれすぎていて、自分にとって本当に必要な情報だけを取捨選択する事って、すごく難しいし、「めんどくさい」んですよね。

つまり、ある特定の目的に対して、本当に必要かつ有益な情報のみを選び出し、わかりやすく整理してまとめてあげること、これこそが誰かの「めんどくさい」を解決する、非常に価値あるサービスになるんです。

たとえば、副業で個人ビジネスを始めたいと思って検索をかけると、本当に様々な方法が見つかります。

ですが、どれが自分にとって最適なビジネスなのか?どうやって始めるのがベストなのか?選択肢が多すぎて、全然わかりませんよね。

そう、こういった「多くの人が抱えているであろう葛藤」がわかれば、人がお金を払いたくなる価値あるサービスの生み出し方って、自然とわかるんです。

お金を生み出すアイディアの出し方3ステップ

ビジネスアイディアを出すことって難しそうに思われがちなのですが、「お金を生み出す流れ」さえ押さえてしまえば、やることってすごくシンプルなんです。

先生ビジネスは、その流れを理解するのに、実はうってつけなんですよね。

以下の手順で組み立てていけば、初心者の人でもスムーズに、お客さんが喜ぶオリジナルコンテンツを作り出すことができます。

  1. 自分は「どんな悩みや目的を持つお客さん」の役に立ちたいのかを決める。
  2. 無限の情報の山から、お客さんがその目的を達成するのに必要な情報だけを抽出する。
  3. 厳選した情報群を整理し直し、わかりやすくまとめて提供する。

わざわざ何かのインストラクター資格を取ったりしなくても、実はこれだけで先生業って、十分に成り立つんです。

私自身こんな感じで副業をスタートさせ、収入を増やしてきた訳なのですが、私の友人たちの中にも、自分の過去の経験や得意分野を生かして、「彼氏や旦那さんに尽くされる秘訣」や「上司や先輩を強力な味方にする方法」、「いい人キャラをやめて、圧倒的に断り上手になるコツ」、「アラフォーからの婚活ハウツー」といった内容をテキストにしたり、お茶会やセミナーとして提供したりすることで、月に数万円から、多い人では本業を上回る額の副業収入を得ている人たちがいます。

お金の生み出し方 副業初心者が個人ビジネスでお金を稼ぐコツ

副業や個人ビジネスが初めての人だと、つい誤解してしまいがちなのですが、実は人が求めているのって、資格を持つ先生が提供するテンプレートな授業ではなかったりします

お客さんが欲しいのは、授業そのものではなく、単純に自分の悩みを解決してくれたり、望みを叶えてくれる、そのヒントやツールが欲しいだけなんですよね。

けれど、問題解決や目標達成への道筋を自分で探し出すのって、なかなかに大変だったりします。

情報過多の現代では、情報の取捨選択こそが、価値になる

積み上がった情報の山の中から、良さそうなものを選び出しては試し、うまくいかなかったらまた別の方法を試して…といった具合に、何度も試行錯誤を繰り返さなくてはならないんですよね。

はっきり言ってこれって、相当に!「めんどくさい」んです(笑)

しかしもし、あなたが過去にすでに試行錯誤し、ベストなやり方をみつけた何かがあるのなら、その「精査・実証済みの情報」を、「過去のあなたが抱えていた悩みを今まさに持っているお客さん」に提供してあげることができれば、お客さんは、あなたが過去に行った情報の精査や無数の試行錯誤という面倒な作業をする必要がなくなるんです。

つまりこれが「価値の創造」なんです。

そして、お金は価値の交換ツールですので、あなたが提供できる価値があれば、それは当然、お金に変わります

そう、これが「お金を生み出す」ということなんです。

意外と簡単だと思いませんか?

厳選された情報は、「成功への時間短縮」と「失敗の回避」という価値を生む

たとえば、私はお金の勉強を始めた時に、家計管理から資産運用に関するいろはをプロから学んだのですが、これも必要な情報をにたどり着くまでのめんどくささや、遠回りによる時間の浪費を回避するためです。

資産運用の方法って、それこそネットで調べればいくらでも出てきますが、基礎知識も何もない当時の私には、玉石混交の情報の中から、いったいどれが自分にとっての最適解なのか?それを判断して選び出すことはできませんでした。

しかもお金に関わることなので、できれば、「試行錯誤を重ねて、失敗しつつ学ぶ」ということは避けたかった訳です。

けれど、先人たちの試行錯誤によって得られた確かな情報を、資産管理のプロからサクッと教えてもらってしまえば、何も自分で恐る恐る試行錯誤していく必要も、手痛い失敗をしてしまう必要もない訳です。

情報があふれかえっている今だからこそ、厳選された情報をコンパクトにパッケージングされた形で教えてもらうというところに、「成功ルートに乗るまでの時間短縮」や「失敗の回避」という価値が生まれるんですよね。

誰かの「めんどくさい」を効率的に解消してあげればあげるほど、たくさんのお金を生み出すことができる

なので、ぜひあなたも、過去に自分がめんどくさい思いをして見つけ出したコツや情報を提供して、誰かの「めんどくさい」を解消してあげてください。

誰かの「めんどくさい」を解消してあげられる人は、市場価値の高い人です。

資本主義社会では、あなたが誰かの「めんどくさい」を効率的に解消してあげればあげるほど、手元にお金が入ってくる仕組みになっています。

個人ビジネスは、自分でお金を生み出す仕組みを作り上げる訳なので、それこそ最初は、めんどくさいことも多いのですが、仕組みをアップデートしつつ続けていると、そのビジネスの「効率性」と「価値提供力」がメキメキと上がっていくので、将来的に、面倒なことをさほどしなくても、しっかりと大きな利益を上げることができるようになっていきます。

そうやって上手に育てることができれば、個人ビジネスは、お客さんの「めんどくさい」を解消しつつ、あなたの「めんどくさい」も解消できる素敵な収益源となってくれます(もちろんそのためには、勉強が必要ですよ!)。

まずは小さく小さく始めてみてください。

人の悩みって、実は意外とお金に由来していることが多いので、収益源が一つ増えると、驚くほど心と生活にゆとりが生まれてきます。

私がお金のプロに「お金のいろは」を直接教わったことで、時間やお金を無駄にすることなく短期で成長できたように、ぜひあなたも、精査に精査を重ねたとっておきの情報で、誰かの時間と手間を省きつつ、短期で成長させてあげてくださいね!

この2つの問いを常に持ちつつ、ビジネスを進めていくのがコツです。

  • 自分はどういった価値を提供することで、誰を幸せにし、そしてお金を得るのか?
  • お客さんの「めんどくさい」と自分の「めんどくさい」を同時に解決するにはどうすればいいのか?

効率的にお金を生み出すには、効率的に「めんどくさい」を解決する仕組み作りが何より大切です。

このポイントさえ押さえておけば、お客さんの幸せは、必ずあなたの幸せへとつながっていきます。

幸せな副業ライフを実現させてくださいね!

「ゴイチ」セミナー

タイトルとURLをコピーしました