貯金は大変?そんな人にこそ知ってほしいノーストレスでサクサク貯まる不労節約術

貯金する方法

「貯金って本当に大変!節約するためにあれこれ我慢したりするのもストレスだし、ケチケチしている自分が嫌になってしまう…!」

以前、貯金下手、お金下手で悩んでいた頃、毎月お金をやりくりして貯金していくことは、本当にストレスとの戦いでした。

多くの人が貯金に苦労する最も大きな理由の一つは、「貯金=大変なこと」になってしまっていて、日々の「我慢を伴う節約行動」で消耗してしまうからではないかなと思います。

そう、貯金や節約を、強い意志を持って行わないと、目標を達成することのできない苦行にしてしまっているからなんです。

けれど実のところ、貯金を成功させるコツって、いかに意志力を使わずに行うかというところにあるんですよね。

つまり、必ずしも頑張った分だけ、我慢した分だけ、貯金できるということではなく、単にそのお金の知恵を知っているか知らないかというところで、貯金の難易度や、実際に貯められる額が大きく変わってくるということなんです。

今回は、貯金や節約の大変さに悩んでいる人に向けて、意志力を使うことなく、ラクに勝手に毎月の貯金額を大きく増やすことのできる方法について、お話ししていきます。

本当に簡単で、びっくりするくらいサクサクお金が貯まっていく方法になりますので、 ぜひ身につけて、苦行・ど根性貯金とおさらばしましょう!

貯金は大変?貯金を意志力でやろうとすると、高確率で失敗する

それでは早速、本題に入っていきますね。

冒頭でも書いたように、貯金が大変になってしまうのは、「意志力を使わなければできないこと」にしてしまっているからです。

もちろん、お金がどんどん増えていく、貯まっていくお金持ちマインドを育てていく上で、自分の物欲と向き合うという段階も出てきます。

けれどそれって、あくまで中上級レベルでやるべき課題なんですよね。

初心者の場合、そこから始めてしまうと、高確率で挫折してしまうはずです。

実はそれよりも、もっと簡単で、かつ即効性のあるやり方があるんです。

それは、無意識に垂れ流されてしまっているお金の流出元は見つけて、そこに蓋をするということ。

「えっ、何それ?私はかなり節約しているし、無意識に使っているお金なんてないけど?」なんて思いました?

けれど実は、この無意識の支出の洗い出しが、お金を攻略するための第一歩と言っても過言ではないんです(逆に言うと、大きく稼いでいる人や企業というのは、「いかに無意識に継続的にお金を使わせるか?」というところに非常に頭を働かせています)。

無意識に継続的に垂れ流されているお金、それはズバリ、固定費です。

固定費を攻略しよう!無意識に垂れ流されているお金の流出元に蓋をする


あなたがわざわざどこかに買い物に出かけたり、ネット通販で購入ボタンを押すというアクションを起こさなくても、ただ毎月生活をしているだけで勝手に引き落とされていくお金、それが固定費です。

代表的なものとしては、光熱費や家賃、通信費といった、いわゆる生活インフラ費から、月額のスポーツクラブ、 定期購読の雑誌や新聞、会員制オンラインサロン、有料のTVチャンネルや動画配信サービスなどが挙げられます。

これらは毎月当たり前に引き落とされていくお金なので、使ってる本人もそのこと自体が「当たり前」となり、それらの費用を支出することに対する精神的な痛みを感じることは、ほとんどありません。

そして中には、契約していること自体を忘れてしまっているようなサービスもおそらくあるはずです。

たとえば、あまり利用していていない動画配信サービスを解約するとしますよね。

それだけで、その月額分の余裕資金があなたの口座に生まれる訳です。

それまで支払っていた月額料金が仮に1,000円だったとすると、一度解約手続きを取るだけで、年間で12,000円の余裕資金が生まれることになります。

この浮いたお金をそのまま毎月の自動積立に回すと、もうそれだけで年間12,000円貯金額が増えてしまうんです!

(自動積立の効果や取り入れ方については、こちらの記事にまとめていますので、参考にしてみてくださいね)

やることは、不要なサービスを解約するだけ

たったそれだけで、簡単に貯金額を上乗せすることができるんです。

電気のスイッチをこまめに消したり、水道代を節約するよりも、圧倒的にラクで、かつ即効性と確実性に優れた節約法であることが容易に想像できるはずです。

「貯金=大変」は思い込み!費用対効果の高い節約・貯金方法を採用しよう

これってまさに、不労収入ならぬ、不労節約・貯金術なんですよね。

固定費の見直しは、その節約努力に対する見返り、つまり費用対効果が非常に高い節約テクニックなので、一度やると、本当にやみつきになりますよ!(笑)

私の場合、最初に着手したのはスマホ料金の見直しからだったのですが、過剰な料金プランを乗り換え、不要なオプションを外すことで、翌月からなんと3,000円近く貯金額を増額することができたんですね。

1ヶ月3,000円と言うと、少ないように見えますが、年間に直したら、なんと36,000円!

今までやってきたチマチマとした節約の大変さはいったい何だったの?というくらい、私にとって、貯金や節約に対するマインドセットがひっくり返される体験でした。

それからはすっかり固定費キラーとなり、 クレジットカードの明細を見ては、「見逃している固定費はないか?」と目を光らせる日々。

すると、出てくる出てくる!

契約したことすら忘れていたような、様々な年会費や月額費がポロポロと浮き上がってきたんです!

そういった無駄なサービスをひたすら解約し、浮いた金額分だけ自動積立の設定額を増額することで、「お金が貯まる仕組み」を約3ヶ月程度で完成させることができたんです。

固定費の削減は、節約効果だけでなくストレスの軽減にもつながる

悲しいことですが、解約したもののほとんどは、必要のなかったもの、そもそも契約したことすら忘れていたものだったので、もちろん、ストレスが増えるということは一切ありませんでした(笑)

むしろ、不要なサービスを生活の中から排除した訳なので、精神的にも時間的にも、ものすごく身軽になることができたんですよね。

何かサービスを利用するということは、時間にせよお金にせよ、自分のエネルギーを消費するという行為なので、不要なサービスを切っていくことで、驚くほど自分自身に余裕が生まれてくるんですよね。

最初の手続きこそ少し面倒に感じるかもしれませんが、一度解約手続きなり、プランの乗り換えなりを行うことで、継続的に節約効果を得ることができますので、是非面倒がらず、すぐにでも、手を着けてみてくださいね!

固定費の見直しは、先送りするほど損をしてしまうので要注意!

実は私自身、最初にスマホ代の見直しをするまで、かなり時間がかかったんですよね。

理由は、単に「めんどうだったから 」です(笑)

今週は忙しいから、来週こそやろう、来月こそやろう…といった感じで、 実際に手続きに踏み切ったのは、この固定費の見直しという概念を知ってから、なんと3ヵ月後のことでした!

実際に見直してみると、3000円の差額が出た訳なので、先送りにしてしまった3ヶ月の間に失ったお金は、なんと9000円ということになります

今考えても、本当にもったいないことをしたなーと思います。

なのでこのブログの読者の方は、私のようにズルズルと先延ばしにせずに、まずはやりやすい所からで構わないので、ぜひ今日からでも着手してくださいね!

代表的な固定費の見直し方を、やりやすい項目順に解説していきますので、参考にしてみください。

一度削減すれば、その後の節約効果は絶大!固定費の見直し方

①ほとんど利用していない or 必要性をあまり感じなくなっている月額サービス

まずはとにもかくにも、ここから着手していきましょう!

銀行の通帳やクレジットカード明細などを確認し、自動引き落としになっている月額サービスを洗い出してみてください。

多くの場合、「利用していることすら忘れていた」「最近あまり使っていないけれど、またそのうち使うだろうからと、なんとなく継続してしまっていた」というサービスが一つか二つは見つかるはずです。

だいたいのものは、ほんの数クリックで解約できるはずですので、見つけ次第、サクッと解約していきましょう。

たったこれだけのことで、翌月以降の無駄な支出をせき止めることができます。

 

②既に興味を失ってしまっている習い事

自分磨きや自己投資という名目で、なんとなくこれは無駄遣いではないと自分の中で位置づけてしまいがちな習い事ですが、すでにモチベーションがなくなってしまっていたり、適切な費用対効果の見込めない自己投資は、残念ながら投資ではなく浪費です

また、サボりがちになってしまっていることで自分を責めてしまうという意味でも、あまり精神衛生上良いものとは言えません。

思い切って退会することで、精神的にも時間的にも身軽になれますので、不要な習い事はすっぱり見切りをつけ、貯金に回すことで、将来本当に学びたいことが出てきた際に、迷わず受講料を出すことができるようになります。

 

③スマホ料金の見直し or 格安SIMに乗り換える

数年前の料金プランのまま使い続けているという人は、すぐにでもプランの見直しをしましょう。

おそらくあなた自身の通話時間やネットの閲覧時間が変化していたり、また契約会社の方でも、よりお得な新プランが出ていたりするはずです。

現状のライフスタイルに最適なプランに乗り換える、不要なオプションは外すなどで、数百円~数千円程度の違いが出ることがあります。

また、より破壊力のある節約効果を望むなら、格安SIM への乗り換えも考慮しましょう。

契約プランを見直したとしても、大手3キャリア(docomo・au・SoftBank)を使うことは、どうしても割高な選択となってしまいます。

長年使い続けていると、大手キャリアを使用することが自分の中で「当たり前」になってしまいがちですが、大手キャリアは、いわゆる「ブランド品」です。

贅沢品や嗜好品と同じ位置づけと考えましょう。

大手キャリアから格安SIM に乗り換えることで、通信費がそれまでの半額以下や3分の1程度になるという人も珍しくありません。

それくらいに格安SIMへの乗り換えというのは、節約効果が絶大でありながら、かつ生活の質を落とすことなく実行できる強力な節約術ですので、ぜひ一度、自分の中の「当たり前」を疑ってみてくださいね!

格安SIMは選択肢が色々ありすぎてわからない!という場合は、以下の3社あたりからの選択がおすすめです。

いずれもユーザー評価の高いサービスですので、どれを選んでも大きく外すことはないはずです♡

以下にそれぞれの特徴をまとめていますので、自分に合うものを選んでみてくださいね。

おすすめ格安SIMサービス3社 利用回線と特徴

楽天モバイル (ドコモ通信網、au通信網を利用。SPUポイント優遇制度あるので、楽天ユーザーの方はこちらがオススメ)

mineo (ドコモ通信網、au通信網。ソフトバンク通信網を利用。全体的に初心者に親切な作りになっているのが特徴で、基本サービスのバランスも良い)

BIGLOBEモバイル (ドコモ通信網、au通信網を利用。動画視聴の多い人はこちらがオススメ)

おすすめ格安SIM各社の特徴をわかりやすく解説

割と適当に選んだとしても(笑)、十分に家計改善インパクトの高い格安SIMですが、自分のライフスタイルに合わせたサービスを選ぶことで、節約効果を最大化することができます。

楽天ヘビーユーザーなら、楽天モバイル一択でOK

楽天ユーザーの方でしたら、楽天SPU(スーパーポイントアッププログラム)でのポイント倍率アップや楽天ポイントでの料金支払いもできる楽天モバイル が断然おすすめです。

もちろん、月額料金自体にも楽天ポイントが付きますので、楽天モバイルに乗り換えることで、かなりポイントが溜まりやすくなっていきます

また、そもそも月額料金が非常に安いため(料金ページ )、楽天ポイントで毎月のスマホ料金をすべて賄ってしまうということも十分できますので、それまで大手キャリアに支払っていたスマホ料金を、実質0円にすることも可能となります。

初心者にやさしい、わかりやすい作りを求めるなら、mineo(マイネオ)

格安SIMデビューしてみたいけど、使いこなせるか少し不安…という人なら、mineo がおすすめ。

専属オペレーターがすぐに質問に答えてくれるオンラインチャットや、利用者同士で助け合える独自コミュニティサイト「マイネ王」など、ユーザーの悩みや疑問を速やかに解決するためのサポート体制が充実しています。

また、実店舗も多数あるため、操作や設定面でどうしても困った時には、大手キャリアのように、対面で相談することも可能です。

全体的に非常にわかりやすく親切な作りで、料金や速度といった基本サービス面のバランスも良く、顧客満足度の高い格安SIMサービスの一つです。

動画視聴の多い人なら、BIGLOBEモバイル

動画視聴によるギガ消費の多い方でしたら、BIGLOBEモバイル がおすすめ。

月額480円のエンタメフリー・オプションを利用すれば、You TubeやAbemaTV、U-NEXTといった対象サービス視聴時のデータ消費がなんとカウントフリーとなるため、容量を気にせず動画や音楽を楽しむことができます

それまで動画・音楽視聴で大量消費していたギガ数をまるまる浮かせることができるため、通信費を大幅カットすることができます。

④生命保険

知り合いや営業の人にオススメされるまま、多額の生命保険に入っていたりはしませんか?

日本人は一般的にかなりの保険好きと言われ、保険に入ることが半ば「常識」となってしまっています

そのため、過剰な保険に入ってしまっているケースが非常に多いです。

その「常識」は、生命保険会社の長年のマーケティングやプロモーション活動によって作られたものであるということを知る必要があります。

毎月の保険料の支払いが大変と感じているならば、思い切って不要な保険の見直しをしましょう。

保険は住宅費に次いで、人生における高い買い物の一つですので、ここを見直すことで、かなり支出を減らすことができるはずです。

 

⑤家賃

意外かもしれませんが、賃貸の場合、更新時に交渉することで、家賃を下げられることが結構あります。

交渉方法としては、たとえば、しばらく今の部屋から引っ越す予定がないという場合、「長期間住む予定なので、少し家賃を下げてもらえませんか?」と家主さんに相談してみましょう。

これなら、決して借り手側の一方的な値下げ要求にはなりません。

家主さんにとっても空室を抱えることによる損失を回避できることになる、双方にとってメリットのある提案となりますので、交渉成功できる可能性は高いはずです。

まとめ 貯金・節約は大変と感じているなら、「仕組み化」でラクしよう!

貯金や節約にストレスや大変さを感じている人というのは、「日々のやりくり」によってなんとか支出を抑えようとしてしまっていることが非常に多いです。

しかし、マネーリテラシーの高いお金上手な人というのは、「やりくり」よりもまずは「仕組み化」によって、自動的に蓄財される状態を作ることを、非常に重視しています

なぜなら、人の意志力や精神力には、そもそも限界があり、また、非常にあやふやであるため、効率性においても確実性においても、あまり優れた手段ではないことを、よく知っているからです。

その点、固定費の見直しは、たった一度手続きするだけで、将来に渡る継続的な節約効果がそこで確定されるため、その節約効果は確実かつ絶大です。

節約や貯金がとにかく苦手!大変すぎる!という人ほど、ぜひ着手してほしい、極めて即効性のあるお金の知恵なんです。

固定費の見直し毎月の自動積立」という、自分の意志力とは関係なくお金が貯まる構造を一度生活の中に作り上げてしまえば、あとは自分があれこれ考えたり努力したりしなくても、勝手に仕組みが自動操縦であなたの資産を着々と増やしていってくれます。

そして、仕組み化による「お金の成功体験」を一度味わうことができれば、あなたにとって貯金や節約は、決してストレスを伴う苦行ではなく、楽しい資産構築ゲームになっていくはずです。

まずは着手しやすいところからで大丈夫ですので、ぜひ実践してみてくださいね!

では♡

記事で紹介した格安SIMサービスリスト

楽天モバイル (ドコモ通信網、au通信網を利用)

SPUによるポイント優遇制度があるため、楽天ユーザーの方はこちらがオススメ。

mineo (ドコモ通信網、au通信網、ソフトバンク通信網を利用)

※サポートチャットや利用者コミュニティ「マイネ王」など、ユーザーを迷子にしないための工夫が多数されており、サポート体制が充実している。全体的に親切な作りで、格安SIMが初めての人にもわかりやすい

BIGLOBEモバイル (ドコモ通信網、au通信網を利用)

※月額480円のエンタメフリーオプションの利用で、Youtubeなどの動画・音楽視聴でのデータ消費がカウントフリーとなるので、動画視聴の多い人はこちらがオススメ。

 

 

bookee(ブーキー)

タイトルとURLをコピーしました