意志が弱い人が目標達成する方法 意志の弱さは克服するより利用しよう

お金持ちマインド

あなたは、自分の意志の弱さに自己嫌悪に陥ってしまうことってありますか?

一念発起して「勉強するぞ!」「節約して、目標貯金額を達成するぞ!」「副業スタートさせる!」などと目標を立てても、友達や同僚に飲み会や遊びに誘われると、「まあ、今日くらいはいいかな…」と、ついつい流されてしまったり。

去年立てた目標が達成されるどころか、ちっとも進んでいないことに気づいて、がっかりしてしまうこともしばしばかもしれません。

「自分は意志が弱いから、目標がなかなか達成できない…」

そう悩んでいる人も多いかもしれませんが、実は目標を達成する上で意志の強さって、そんなに関係ないんですよね。

というか、人間というのは、そもそも、ものすごーく周囲に流されやすい生き物です。

そして、いわゆる成功者や富裕層の人たちというのは、人の意志の弱さというものをよく理解しているからこそ、成功できているという側面があります。

私自身も自分の意志の弱さを何とか克服しよう!と頑張っていた時はなかなか物事が進まなかったのですが、意志が弱い人でも成功できるある方法をお金のコーチから教わり、実践するようになってからというもの、仕事も貯金も資産運用も本当にスムーズに進んでいくようになったんですよね。 

今回は、戦略的に思考することで、意志が弱い人でも目標達成できる理由とその方法について、お話していきますね。

bookee(ブーキー)

失敗の原因は「意志が弱いこと」じゃない!重要なのは「環境」

自分が決めた目標を達成できるかできないか?望む成功を手にできるかできないか?お金持ちになれるかなれないか?実はこれらのことって、自分の意志の強さによって成否が決まるのではなく、単に環境の問題なんですよね。

人間は環境に染まりやすく、流されやすい生き物です。

実は、目標達成の達人たちは、その特性をマイナス方向にではなく、プラスの方向に利用することで、自分の行動や目標への進捗管理を、うまくコントロールしているんですよね。

箱根駅伝の常連校が「常連」でいられる理由とは?

スポーツの強豪校がなぜ強豪でいられるのか?考えたことってありますか?

生徒は毎年入れ替わっていくのに、駅伝でも甲子園でも、いわゆる強豪校や常連校というのは、ある程度決まっていますよね。

彼らが強豪校でいられる理由、それは「環境」です。

部全体が常に本気で、お正月の箱根駅伝や、夏の甲子園を目指している。

そしてそのための努力を当たり前に行うという空気や環境が、部というコミュニティ内に既に作られているからです。

これは、いわゆる「文化」と呼ばれるものです。

同じように、会社であれば特定の社風があるし、学校であれば特定の校風があります。

箱根駅伝の常連校にとっては、箱根に出られるレベルの努力をするのが、もはや「当たり前」であり、「当然」のことなんですよね。

そして良くも悪くも、人は流されやすく、同調圧力に屈しやすい生き物です。

そう、そんな環境下に置かれて、「それ相応の努力をしない」のって、心情的に極めて難しいんです。

もしいたとすれば、それこそ相当に意志の強い人ですよね(笑)

これがマイナスに働く場合というのが、ブラック企業や社内飲み会の頻繁な職場などです。

もともとがかなり怠惰な人であっても、ブラック企業という強烈な社風の中に置かれれば、否応なく相当量の労働をこなします。

また、あまり飲み会が好きではない人でも、「飲み会には参加するのが当たり前」という風潮の中では、不参加を表明するのってかなり勇気が必要です。

もちろん、ブラック企業や合わない社風の職場などに当たってしまった場合は、それこそ意志を強く持って「辞める」という決断をするのが大切です。

けれどここで注目してほしいのは、人というのは、そもそも意志が弱いものであり、自分の意志の弱さを嘆いたり、意志を強く持たねば!と意気込むことより何より、まずは「自分が欲しい結果」に沿った環境に身を置くということが一番大事だということなんです。

意志が弱い人の方がむしろ成功できる!?肝心なのは目的と環境のマッチング

そもそも、自分が本来行きたい方向性にそぐわない環境に身を置いてしまっているから、「流されないように、意志を強く持たなきゃ!」ということになってしまうんですよね。

そう、「自分の目的に沿った場」に身を置いているのならば、むしろ流されまくるくらいでいいはずなんですよね(笑)

人って流されやすいからこそ、レベルの高い環境に身を置いてしまえば、それこそ自分の意志とは関係なく勝手に頑張るようになるんです。

マネーリテラシーの高い人たちに囲まれたことで、お金の増える行動が取れるようになった

これは実は、お金に関することでも全く同じなんです。

「自分の周りにいる人10人の平均年収が自分の年収になる」という、有名な説があります。

これって本当にそうだなと実感していて、私が何の不安もなく企業勤めを辞めるレベルにまで収入や資産額を上げることができたのも、レベルの高い環境に身を置いたことがきっかけです。

お金に関する学びの場に積極的に足を運ぶようになったことで、マネーリテラシーの高い友人たちが自然と増えるようになりました。

すると、周りの人たちの常識というのが、まるで違うんですよね。

それまで資産運用に及び腰だった私ですが、マネーリテラシーの高い人たちにとっては、資産運用ってもはや、やって当たり前の事なんですよね。

手堅い資産運用のやり方を心得ているし、銀行預金という形でお金を保有し続けることは、インフレ率を考慮すると、お金を目減りさせ続けることだとよく理解しているからです。

またお金の使い方に関しても、「モノを買う」ということにはかなり興味が薄く、それよりも「自分の頭に投資する」ということに非常に積極的であるということも、私には衝撃的でした。

あとは、固定費削減への積極性もすごいです!

私は格安SIMの利用なども、「よくわからないし、手続き面倒だしなあ…」とか、「なんだか貧乏くさいかな?」なんて思って、それまでずっと二の足を踏んでいたのですが、実は富裕層の人たちの方が、格安SIMを使っていることが多いということを知った時には、正直、かなり衝撃を受けました!

いわゆる「一発当てた」系の人はまた別かもしれませんが、マネーリテラシーを上げつつ地道に戦略的に資産額を増やしていった人たちって、支出管理の意識が高く、中でも固定費にはものすごく敏感なので、格安SIMの利用にも積極的なんです。

「大手キャリアの料金の高さがずっと気になっていた。だから格安SIMが出始めた当初から契約している」という人の多さにも驚きでした。

私は携帯の通信費って、ずっと「そういうもん」だと思っていたので、大手キャリアが高いとか、そんなことも以前は考えていなかったんです…まさに、無知ゆえに搾取されるダメ消費者の典型でした^^;

彼らにとっては、目先の手続きの面倒さより、全体の収支を考えて選択するというのがごく当たり前のスタンスなんですよね。←ここ、めちゃめちゃ大事です!

そして、そんな意識高い系の会話に囲まれ続けていると、「うわ…私、あれもこれもやってなさすぎてやばいかも!!!(汗)」って、急に焦りを感じるようになってくるんですよね。

それまで面倒くさいと思っていた固定費削減の手続きや資産運用口座の開設、起業準備などを、マッハでやり始めたことは言うまでもありません(笑)

意志が弱いのは克服しなくていい!環境を変えることで成功を仕組み化しよう

こうした一連の行動を起こすことができたのは、もちろん、私が自分の意志の弱さを克服したからなんかではなく、ただ単に周囲の人たちの意識の高さに流されただけです(笑)

つまり人生を変えたければ、付き合う人や環境を変えるのが一番早くて確実っていうことです。

特に自分は意志が弱いと自覚しているのであれば、それしか方法はない!くらいに思った方がマジでいいです!

どんなに意志が弱い継続力のない人でも、とにかく付き合う人や環境さえ変えてしまえば、自分の意志とは関係なく行動が変わるので、確実に人生を変えることができます

自分のお金の能力をあげたいのなら、お金の能力の高い人たちが集まる場へと積極的に足を運んで、その人たちと一緒の時間を過ごすようにする。

それだけで半ば強制的に、あなたの収入や貯金額は倍増します。

めちゃくちゃ意志が弱い私でも、かなりのスピードで変わることができたので、間違いありません♡

こう考えると、目標達成するのなんて、すごく簡単なことだと思いませんか?

多くの成功者たちは、この環境の力を利用して、自分たちの目標管理というものを、上手に行っています。

  • 自分の意志力を当てにしない。
  • 意志の弱さは人間の特性、克服するのではなく利用する。
  • 環境を変える事で成功を仕組み化する。

ここさえ押さえれば、人生変えるのって、意外なほど簡単です!

意志が弱いことを克服するより何より、まずは自分がどうなりたいか?それを決め、その目的にマッチした新しい環境や出会いへと、積極的に足を踏み出してみてくださいね!

意志が弱い人にこそ、スーパーおすすめの目標達成法です♡

「ゴイチ」セミナー

タイトルとURLをコピーしました