お金持ちが羨ましい!そう思うのは、本当は自分もお金持ちになれると知っているから

お金持ちマインド

あなたは、お金持ちの豊かな生活を見た時に、どんな気持ちになりますか?

ほとんどの人は、おそらくまず最初に「いいな~!」「うらやましい!」という感情が湧いてくるかと思います。

そして問題はその後です!

「うらやましい!ずるい!」「自分が惨めに思えてくるから、もう見たくない」になってしまうのか?

それとも、「どうしたら自分もお金持ちになれるのかな?」という二つのスタンスです。

どちらも同じ「お金持ちがうらましい」という感情から繋がって出てくる思考なのですが、両者のスタンスの違いというのは、「うらやましい!けれど自分はそうなれない」になってしまっているのか?それとも、「うらやましい!そっか、自分もそうなろう!」と心の中で決めているか決めていないか?ということなんです。

誰かをうらましいという感情が出てきた時というのは非常に重要で、取り扱い方を間違うと、ものすごくもったいないんですよね。

今回は、お金持ちが羨ましい」という感情エネルギーをいかに上手に使っていくか?というテーマでお話していきますね。

ちなみに、「うらやましい」という感情は、その裏に必ず、「自分も本当はそうなれるはずなのに」と言う無意識の声がその背景にありますので、自分がそれを素直に認めて、お金持ちになると決めるかどうかで、その後の自分の行動選択や、未来の結果というものが大きく変わってきます。

ぜひじっくり読んで、あなたも「お金持ちになると決めた側」にガンガン移行していってくださいね!

「決める」ことって、めっちゃ大事ですよ!

「ゴイチ」セミナー

お金持ちが羨ましいと思うのは、自分も本当はそうなれると無意識レベルで知っているから

もしもあなたが何か新しいスキルを身に付けたいと考えた時、どうするのが最も近道になると思いますか?

私が思うに、それが得意な人、既にその技術を手に入れている人に教えてもらうのが、一番効率的かつ早いです。

ゴルフが上手くなりたかったら、腕のいいゴルフコーチに教えを請うのが上達の近道だし、東大に行きたかったら、東大生なり、東大受験に精通した塾講師に指導してもらうのが一番いいです。

モテたいのであれば、実際にモテている子から教わるのが一番ですし、ラブラブな結婚生活を送りたいのであれば、いつも旦那さんと仲が良い人の話を聞くべきです。

そう、あなたが欲しい技術を既に身に付けている人、そして、技術習得の方法論に精通している人を味方にして、その知恵を借りるのが、最も失敗が少なく、スムーズに技術習得する方法です。

その一方で、なぜか世間では、お金持ちは何かと叩かれる風潮がありますが、そういう光景を見るたびに、すごくもったいないことをしているよなーと思うんですよね。

嫉妬心が意味するものとは?

お金持ちを叩く人というのは、おそらく、あまりお金を持っていなくて、お金持ちはずるい!何か裏技を使っているに違いない!と嫉妬しているのだと思いますが、お金持ちを叩いているうちって、残念ながら、その人がお金持ちになれる可能性は、限りなくゼロなんですよね…

なぜなら、嫉妬という感情は、「自分だってそれを手に入れられるはずなのに、手に入れられていない」ことに不条理を感じて出てくる感情だからです。

人は、自分が決して手に入れられないものに対しては、そもそも欲しいとすら思わないし、それを持っている人に対して、嫉妬の感情を抱くことすらありません。

つまり、あの人がお金持ちで、自分がお金持ちでないことは、「おかしい!変だ!」と脳が感じている訳です。

これって、本当は、自分が自分を信じたいのに、そうできていないっていう、自分への怒りや不満でもあるんですよね。

けれど、その一方で、「お金持ちになるのなんて、きっと無理」「どうすればお金持ちになれるのかもよくわからないし…」っていう気持ちがあるので、それなら、「あの人がお金持ちであることがずるい!変だ!」っていう嫉妬の感情に置き換わっちゃってるんですよね。

つまり、本当はなれるのだけど、肝心の自分が、お金持ちにならないという選択をしてしまっているからこその、嫉妬心なんです。

だからね、本当は「自分もそうなれる」とわかっているのだから、さっさとお金を能力の高い人に、お金の能力を高める方法を教えてもらって、自分もそうなってしまえばいいんです。

それが一番カンタンかつ幸せな、嫉妬心の解消法です♡

お金の能力は、学習によって身につけられる単なるスキル

お金持ちの人というのは確かに、お金を持っていないお金下手な人たちが知らないような、お金に関する知識や、お金に好かれるマインドセットというものを、たくさん身に付けています。

けれどそれらって別に、お金持ちが身内だけで秘匿している裏技でもなんでもなく、ただ単に彼らが本気でお金持ちになろうと思って、学習してきたものなんですよね。

たとえ元からお金持ちの家庭に生まれた人であったとしても、実は彼らが大人になった後もお金持ちで居続けられるのって、きちんとしたマネーリテラシーを親から教わっているからです(不幸にも、適切な金融教育を施されていない場合、高確率で「一代で親の財産を食いつぶす」という結果になります)。

私はお金持ちになることは、自動車教習所で運転免許を取得することとそんなに変わらないとたびたび書いていますが、それはただ単に、お金の能力というのは、学習によって身に付けられるただのスキルだからなんですよね。

「お金持ちになる」ということを特別視しすぎているために、それがただのスキルだということを忘れてしまっているんです。

実際は、自動車運転技術の習得やゴルフのスコアアップ、大学受験のための学力アップと、そんなに変わりません。

私が、今こうしてお金に対する不安のない精神的自由と、時間的自由のあるセミリタイア生活を手に入れることができたのは、お金上手な人たちから積極的に学んできた結果です。

自分の望みに素直になって、「どうすればお金持ちになれるのか?」それを、それが得意な人たちから教えてもらってきたからです。

もちろん、そういった行動を取れるようになる以前は私も、「お金持ちの人たちがうらやましい」という気持ちでいっぱいでした。

「私だって毎日こんなに頑張ってるのに、いつもお金の心配ばかり…(泣)お金持ちの人たちはきっと、何か裏技を使っているんだ!」なんて、イラついた目で、お金に余裕のある人たちを眺めていました。

でも、いつまでもただひがんでいる自分が嫌だったし、何より、「そもそも同じ人間なんだから、ちゃんとやり方さえ知れば、自分だってそうなれるはずだよね?」とふと思って、一念発起した訳です。

というかはっきり言ってしまうと、お金持ちになりたい!豊かになりたい!といつも思っているのに、お金の事を真剣に学んだことがないという、ものすごい自己矛盾に気づいてしまっただけなんですけどね(笑)

そう、よくよく考えたら単純な話で、お金持ちになりたいんだったら、シンプルに「お金持ちになる方法」を教えてもらえばいいんですよね。

車の運転だって、受験勉強だって、きちんと教えてくれるその道のプロがいるんだから、お金の事だって、そうするのが一番手っ取り早いんじゃない?そう考えて、私はこれまで多くのお金の先生から、お金について教わってきました。

その結果、お金はもちろんのこと、精神的な自由を手に入れることができ、毎日のんびり幸せに暮らしています。

自分がなりたい自分像、欲しい理想の生活があるのであれば、それを実現させる方法を既に知っていて、それを効率よく指導するスキルを持っている人から学ぶのは、ジャンル問わずごくごく当然のことです。

ゴルフのスコアアップや受験勉強同様に、お金持ちになりたいのなら、その方法をどんどん聞きに行って、その教え通りに行動すべきです。

お金持ちをうらやましがって、「本当の幸せは、お金では買えない」なんて言っているうちは、お金持ちになること自体を否定しているようなものです。

お金持ちの存在を否定している内は、脳は「お金持ちになる」という選択ができない

無意識的にであれ意識的にであれ、お金持ちの存在を否定しているうちは、「自分自身がお金持ちになる」という選択を脳はすることができません

つまり、「お金持ちになることができない」ということになってしまいます。

うらやましさゆえの否定は、無駄でしかない

もちろん、心の底から「お金持ちになんてならなくていい」と思っているのなら別ですが、うらやましさゆえの否定なのであれば、無駄でしかないです

モテる友人をうらやましがって、否定している内は、絶対にモテるようにはなりません。

モテたいなら、モテている子に「どうしたらそんなにモテるの?」と素直に聞いたらいいんです♡

ただもちろん、教わる相手は選ぶ必要がありますよ!

自分が欲しい人生ありきで決めよう!自分が共感、尊敬できる人に教わることの大切さ

自分にピッタリの先生を選ぶコツは、その人が持っている現実を自分も欲しいと思うかどうか?だと思います。

たとえば、同じモテるにしても、好みの人だけにモテるのと、不特定多数の人にとにかくモテまくる、では、結果も、それを手に入れるための方法も、全く違ってきますよね?(笑)

同じように、私もお金やビジネスのことを勉強する際は、やたらハイリスクだったり、「楽して稼げる!」といったバブリーで胡散臭い方法を提唱してくる人は、自分の先生としては決して選びませんでした(これは「お金を守る力」としても、非常に重要な部分です)

そもそも望む人生という部分で、目指す方向性が違いすぎるし、まして、疑いや否定する気持ちを持ったままで、その人から素直に学ぶことは難しいと思ったからです。

お金持ちが羨ましいのなら、嫉妬するより「どうすればそうなれるのか?」に思考を使おう

私はこれまで、自分の理想の世界観やお金持ち観にしっくりくる方法論や先生を見つけては、その人から素直に学んで実践するということ繰り返すことで、大きく現実を変えてきました。

羨ましいと思う相手を叩いて否定する必要なんて、どこにもないんです。

自分の願いを素直に認めることで、人生は変わりだす

お金持ちが羨ましいのだったら、「私もその現実が欲しい」と素直に認めてしまって、目標なり、お手本なりにしちゃえばいいんです♡

その方が圧倒的にハイスピードで人生が変わっていきます。

一方で、お金持ちを羨んでは叩いて、「お金持ちは、どうせずるいことをしているから儲かっているんだ!」と思ってしまっている人は、素直に「自分もお金持ちになる」という選択をすることができないので、結局お金の不安と嫉妬心を抱えたままずっと生きていくことになります。

そんなの、人生がもったいなさすぎるし、何より自分が苦しいはずです。

羨ましいと思う相手を見つけたのならば、嫉妬する間もないくらい、「どうすればそうなれるのか?」に思考を使い始める人の方が、色んなことが上手くいきます。

お金持ちは、思考や感情エネルギーですら、投資先を選ぶという事実

実はお金持ちの人たちというのは、この思考エネルギーの投資先というものに、すごくこだわっています。

日常の思考ですら、それが自分の未来の拡大につながる「投資」行為なのか?それとも、一時的に感情を満足させるだけで未来を拡大させることのない「浪費」なのか?というところを常に見ているからです。

お金持ちになるための方法論は、先人たちによって既に確立されている

人間は、幸せになるために昔からたくさんの方法論を研究し、試行錯誤してきました。

お金の悩みなんて、その最たるものです。

そう、お金持ちになるための方法論というのは、もう既に先人たちの努力によって確立されているので、もしあなたがお金持ちになりたいのなら、徹底的に学んで、自分の人生に活用するべきです♡

自分一人で思いつくことなんて、たかが知れてます。

どうしても達成したい何かがあるなら、先人の知恵、その道に精通した人たちの知恵を借りてなんぼです。

他の生物とは違う、人間の強みというのは、情報を蓄積し、そして他の人へと伝えることができることです。

この力こそが、人類を、地球上で最も繁栄した生物へと押し上げてきました。

お金持ちが羨ましい(自分もそうなりたい)という気持ちに、もっと素直になろう!

自分の願いをどれだけ素直に認められるか他人の知恵や力をどれだけ素直に借りられるかで、人生の変化のスピードは段違いで変わってきます。

実際私も、自力のみで四苦八苦することをやめて、他力を借りた途端に、人生が大きく変わったという確かな経験してきました。

そして他人の知恵を借りるためには、何よりも素直さが大切です。

教える側だってもちろん人間なので、素直な生徒の方が可愛いし、どんどん伸ばしてあげよう!という気持ちになります。

これは私が、教える側になった時の経験からも感じることなので、間違いないです。

ということで今回は、お金持ちを羨ましく思うのは、それは無意識レベルで、「私も本当はそうなれる」と自分を信じている証拠であるし、嫉妬するよりも、どうしたらそうなれるのか?に思考エネルギーを使うことで、人生はどんどん変わっていくよ!その方が断然楽しいよ!っていうか、お金持ちは実は、みんなそうやっているよ!というお話でした♡

bookee(ブーキー)

タイトルとURLをコピーしました